大人用紙オムツのためのサニタリーショーツはない

改めて知りました。大人用紙おむつってパンツ型とパット型とある。そしてここがとても重要なんです、私みたいにたまにしか必要としない人間用のものはない。

改めて家の尿とりパッドのパッケージを見てみると大人用紙おむつと併用してくださいってただし書きがある。私は、女性だから長年生理用品に慣れ親しんできた。だから、サニタリショーツと組み合わせて使うのが当たり前と思った。だから、毎回使う度にとても使いにくいと思ってきたわけです。

当たり前ですよね、そういうコンセプトはないみたいだから。ゴワゴワがいやならパンツ型を履いてください的な。確かに生理用ナプキンにもパンツ型ありますよ。

でも、私はたまにしか使わないからサニタリショーツとの組み合わせで使いたいと思う。これって私だけのキモチかしら。できれば、サイズも生理用品の夜用くらいで、肌触りがよく軟便でも安心して使えるものを望みます。きっと市場が少ないからないんんだろうし、開発すら考えられていないんだろうな。

糖尿病ネットワークより
「厚生労働省の「2013年国民健康・栄養調査」の結果によると、糖尿病有病者(糖尿病が強く疑われる者)の割合は、男性16.2%、女性9.2%であり、50歳以降に割合が増えることわかった。」

糖尿病患者全員が私と同じ症状に悩んでいるとは思わないけど、同じ症状に悩む人はいるはずだ。私の症状自体も今年になってからは1~2回ほどだから、そこまで必要性に迫られていない。やはり、寝たきりや頻繁に尿漏れ便漏れの症状がある方が優先されるべきだとは思う。

ただ、赤ちゃんの紙おむつや生理用品と同じで日々進化している大人用紙おむつ。尿の失禁に対するパッドは普通の下着との組み合わせもありのようだ。いわゆるおりものシートの延長線みたいなパッドが開発されている。だから軟便漏れについても今後よい製品が出てくることを期待する。

娘が幼稚園の運動会、朝から下痢状態だった。おしりの小さい彼女は赤ん坊の時に使用した紙おむつを運動会の間中使用することで最後まで参加できた。だから、小学校の時も時たまお腹を壊し下痢の時は率先して紙おむつを履いていった。

私はおむつを履くことに抵抗はまったくない。むしろ大変な自体を避けられるから率先して使用したいと思う。しかし、祖父母、両親たちは違ったみたい。大人用おむつを使いたくないキモチについて別の機会に考えたい。

サニタリーショーツは個人的にボックス型がいい。サニタリー自体も漏れをせき止める機能があれば絶対ほしいな。

励みになりますので
クリックお願いします。(^^)/~
にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ
にほんブログ村


アンダーアーマー UAサニタリーショーツI WUN8873 BLK LG

この記事へのコメント